トップページ > イベント情報 > 月別アーカイブ:2016年04月

イベント情報

静岡ホビースクエア・イベントコーナーでは、毎月さまざまなイベントを開催しています。
みなさま是非足をお運びください。

イベントカレンダーを見る

3Dモデリングでミニ四駆のオリジナルボディを作る講座

2016年5月14日(土)~2016年5月15日(日)

オレの【カッコいい!】を見せてやる
「3Dモデリングでミニ四駆のオリジナルボディを作る講座」 
3Dモデリングでミニ四駆、はじめます!
 
 
 
 
主 催:一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GAN
協 賛:株式会社サードウェーブデジノス
期 日:2016年5月14日(土)・15日(日)所要時間約7時間・休憩含む
会 場:静岡ホビースクエア
対 象:お一人で参加出来る方(年齢制限はありません)
受講費:アダルト(就業されている方)/18,800円
​    シニア学割(19歳~23歳までの未就業の方)/9,600円
    ​ジュニア学割(18際以下の未就業の方)/4,600円
 
 
 
【講座の内容】
 
・PCは受講者1名に1台、ご用意しています。
・1日(約7時間休憩含む)で学びます。
・ミニ四駆のシャーシは「MAシャーシ」を題材にします。
・メールなどの基本的なPC操作が出来る方であればどなたでも受講できます。
・この講座では「オリジナルボディの3Dデータ」の作り方を学びます。
・作った3Dデータは、3Dプリンターなどの工作機械で実際のモノにすることができます。
・この講座では「3Dデータ作りまで」を学びます。
・3Dプリンターでの出力はお手持ちの3Dプリンターか、3Dプリンター出力サービスをご利用ください。
・本講座を受講された方向けに「3Dプリンター出力サービス」もご用意しています。
・ソフトウェアは、Autodesk FUSION 360を使います(趣味での使用は無料)
 
※「ミニ四駆」は株式会社タミヤの登録商標です。
※「FUSION 360」は米Autodesk社の登録商標です。
 
 

 

ミニ四駆オリジナルボディの例(3Dデータ)

 
 

ミニ四駆オリジナルボディの例(3Dプリンター出力したもの)

 
 
【一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GANについて】
 
一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GANは、業種を問わず「3Dデータを活用すること」を共通項として会員が集まり、活動している業界団体です。
 3Dデータは、工業デザイン・設計・製造・生産・建築・土木・宝飾・アクセサリーの分野においては、CADという呼び名で、アニメーション・映像・立体視映像・画像・ゲーム製作・地図情報・医療の分野においては、CGという呼び名で一般化し、すでにこれらの産業分野で欠かすことのできない存在となっています。しかし、同じ3Dデータを使いながら3DCADと3DCGは別々の世界にあり、互いを意識することもありませんでした。あらゆる産業が従来の構造から変革を迫られる中、私たちは3Dデータを共通項とすることで、異業種との交流融合を図り、新しい製品、事業、ひいては企業文化を創造して行くこと、業界としての振興を目的としています。
 

「プラモデルのプロになる方法」 ~幼少期の工作からタミヤ時代の仕事など約400作品でみる模型人生。

2016年5月12日(木)~2017年5月29日(日)

期間:5月12日(木)~5月29日(日)
入場無料
主催:静岡模型教材協同組合
 
エアロベース代表・岩見慎一の個展を開催します。
5歳のころからタミヤ入社までのプライベート作品、タミヤ時代9年間のパネル展示
社内コンテスト参加作品、IPMS/USA 全米模型コンテスト受賞作品(パネル)
エアロベース創業からの20年間と10年後の展望まで、約400点の模型作品を展示
▼HPはこちら